プログラミングに関する防備録・メモ

プログラミング防備録・メモ

バックアップ用サーバーの作成(その1)

本格運用になった場合、サーバーに不具合が出て、サービスが中断することは好ましくありません。
また、サーバーの設定を間違えて、サーバーが立ち上がらなくなってパニックになることも経験しています。
そこで、バックアップ用のサーバーを作ることにしました。

バックアップサーバーの設置

  • サーバーは、さくらvpsで、念のためゾーンを大阪にした
  • ネコでもわかる!さくらのVPS講座の通り、apache, php, MariaDB, phpMyAdminなどをインストール
  • yum install zipでzipをインストール
  • マスターサーバーで zip -r html html でhtmlフォルダをhtml.zipに圧縮
  • バックアップサーバーで unzip html.zip
  • バックアップサーバーで、wc3フォルダを作成し、そこにNetCommons3 のファイルを新規に展開。
    アクセスすると 501エラー
  • いろいろと調べて、原因は、httpd.confで.htaccessを有効にしていなかったからということが判明。httpd.confを編集して、/var/www/html のallow override none を allow override allに変更してapacheを再起動すると、netcommons3が動いた!! httpd.confを編集して、.htaccessを有効にする設定は、サーバーを立ち上げた当初(数年前)に行ったことなので、記憶にない。
  • これで、バックアップサーバーも動くようになった。

 

アプリのプログラミング言語、環境

プログラミング言語

  • サーバーサイド:mariaDB, php, 一部にpython
  • クライアントサイド:Javascript, jQuery, jQuery Mobile

サーバー

  • さくらvpsで、CentOS 7
  • Let's encryptでssl化

開発環境

  • atomエディター
  • 開発用のノートパソコン(Windows10)上に、xamppで動作確認用のサーバーを構築
  • ローカルで動作を確認した後、WinSCPでサーバーと同期